ブログ

シドニーと近郊の季節の話題はもちろん、会社の日常やガイドのつぶやきも綴ります。シドニー近郊のイベントや観光情報もアップし、ご旅行の計画にもお役に立つブログを目指します!

スクリーン右端の各記事のタイトルをクリックして全文をご覧下さい。コメントも歓迎です。(ただし、記事自体や弊社とは無関係の内容、公開にふさわしくない内容と判断される場合は削除させて頂きます。)
~社長ブログはスペイン語版、英語版で公開中!サイト右上部の表示言語を切り替えてご覧下さい。~

Vivid Sydney 2017 ビビッド・シドニー

Patrick's Friendly Tours - 日曜日, 4月 30, 2017

今年で9年目を迎えすっかりシドニーの冬を代表するイベントとなったビビッド・シドニーは、五感を刺激する「光(Vivid Light)」「音(Vivid Music/Vivid Live)」「発想(Vivid Idea)」をコンセプトにする同種の芸術展覧会としては今や世界最大規模の芸術の祭典!昨年201年度は過去最高の231万人を超える観客を動員し、前年比35.4%増しという大記録を樹立!昨年同様に23日間に渡る長期開催期間となり、今年も期待できそう♪

 

オペラハウスやハーバー・ブリッジなどに代表されるシドニーのアイコンや現代美術館などの歴史建造物の外壁を使ったプロジェクションから、ロックスやダーリング・ハーバー沿岸の歩道、シドニー湾の会場はもちろん、昨年の初登場時にスケールの大きな展示で話題を呼んだ王立植物園とタロンガ動物園(有料、事前予約制)に加え、市内の範囲を超えて副都心ノース・シドニーやチャッツウッドなどの近郊市街地にまで会場を広げ、本年度も光を使った作品の数々が多数展示される。

 

期間中は毎日夕方6時から点灯が始まり、週末、平日を問わずたくさんの人出で、とても寒い季節の夜間とは思えないほどの賑わい!目玉は毎年テーマを変えてオペラハウスの外壁に映し出される恒例のプロジェクション・アート「Lighting the Sails」やハーバー・ブリッジのライトアップ、水と光と音楽の競演が見事なダーリング・ハーバーでの「ウォーター・シアター」のほか、実際に展示作品の中に入ったりすることはもちろん、触ると色が変わったり音がしたり、タッチパッドや携帯を使って絵を描いたり操作をしたりすることができるインタラクティブ展示も多数含まれており、列に並べばこれらも実際に体験ができる楽しい趣向。

 

会場としてすっかり定着したロックス地区では、アーガイル・ストリートやプレイフェア・ストリートなど裏路地の意外なところにも作品が隠れているので、探検気分で探しながら歩くのが楽しい。但し、日没後は意外と冷えるので、暖かい上着を忘れずに。

 

また、毎年話題の多い「音(Vivid Music/Vivid Live)」の分野では、ジャズ・シンガー ダイアン・リーヴス()のエンジェル・プレイスでの公演や、恒例のオペラハウス公演は、英国からはローラ・マーリングやべス・オートン、9年ぶりの来豪で話題を呼ぶフランスの男性デュオ エア、今回はヴィヴィッドがオーストラリア唯一の公演となるフリート・フォクセズ()をはじめそうそうたる顔触れ。

 

ほかにも各特設会場で催される様々なジャンルと規模のライブ・コンサートまで多彩な規模で企画され、「発想(Vivid Idea)」の部門においては、豪州及び海外から招かれた芸術家の参加により、芸術鑑賞のワークショップや公開討論、公演などがイベント期間中に多数行われる。(一部有料)

 

また、このヴィヴィッド・シドニーのイベントに並行して、クルーズ会社各社では湾岸の夜景を会場から楽しめるクルーズ(ライトアップされた船舶にもご注目!)の特別運行を期間限定で催行したり、近隣のホテルやレストランではイベントにあわせたパッケージを用意している所もあり。(弊社でも一部のクルーズ取扱いあり!お問合せ下さい。)

 

シドニーに何日か滞在されるご予定であれば、ぜひ何度も出かけあちこちを周って全体を。1晩しかない!と言うことであれば、看板中の看板であるオペラハウス、ハーバー・ブリッジ、ロックスに範囲を絞って、シドニー湾岸の王立植物園からスタートし、カスタムハウス水際を歩きながらサーキュラー・キー全体ロックスキャンベルズ・コーブ、と周って橋のたもとのドウズポイントまで歩くのがおすすめ。

特別なセルフィ(自撮り)を撮るのに必死の携帯片手の若者たちから、普段のシドニーの夜景とはまったく違う風景を巧みに撮影しようと苦心する立派なカメラを抱えたアマ&プロ写真家の姿に混じって夜の芸術鑑賞を愉しもう!いずれにせよ、同じロケーションでも角度によりがらりと印象が変わることがあるので、際立つ写真を撮るには、立ち位置や視線の位置を変えられる条件を探すのが鍵!

 

まずはサーキュラー・キー駅前、ダーリング・ハーバーほか、主要開催地に設置されるインフォメーション・ブースで無料の地図を入手してから順番に見ていくのがお勧め。加えて、今年も携帯でダウンロードしてそのまま利用できるアプリケーションやABCラジオ提供のオーディオ・ガイドも登場し、更に充実した見学が可能。

 

また、市内及び各会場の近辺では、電車、バスなどの公共交通網及び車の乗り入れ制限など、開催中に限り一部条件が変更となる場合があるので、お出かけの前に確認のこと。会場、アプリケーションや地図のダウンロードを含め、イベントの詳細はオフィシャル・ウェブサイトをご参照下さい。

 

日程2017526()617()

点灯は毎日午後6時から午後11時まで。(開催日程、点灯時間ともに、会場やイベント内容により若干異なる。)

 

会場:市内及びタロンガ動物園、チャッツウッド、ほかを含む近郊各所

 

料金:無料&有料(イベントにより異なる) 

 

弊社ウェブサイトのギャラリーのページでは、ヴィヴィッドの過去開催時の写真を多数揃えたアルバムをご覧いただけます。弊社フェイスブックの特集記事もご一緒にお楽しみ下さい。

 

 

イースターの風俗習慣

Patrick's Friendly Tours - 火曜日, 3月 07, 2017

鶏が卵を産み、卵からヒヨコがかえり、ヒヨコが鶏に成長をしてまた卵を産み・・・。卵は生命、ライフサイクルの象徴です。宗教的な観点では、ヒヨコが卵の殻を破って生まれることと、キリスト様が死からよみがえられたことを結びつけて、卵を復活のシンボルとして用いられるようになったようです。

春節祭の発祥と言われる北半球ヨーロッパでは、寒く厳しい冬の後に訪れる春の季節は花々や新緑、新しい命で溢れかえり、うまれたばかりの雛たちや動物の子どもたちもいっぱいです。ここから卵やヒヨコ、子ウサギたちが命の芽吹く春の訪れ、生命の再生の象徴となり、キリスト様の復活とかけてイースターのお祝いには欠かせない存在となっています。(ウサギはたくさん子を産むので“子沢山=繁栄”の象徴としても愛されています。)

オーストラリアでも色を塗ったゆで卵やチョコレートの卵を用意して家族や知人同士で贈りあったり、これらの卵を使ってエッグハント(庭や家中に前もって隠しておいた卵を探す遊び)やエッグ・ロール(丘の上など高台から卵を転がして、割れなかった人が勝ち)、エッグ・レース(卵をスプーンに載せて落とさずにゴールまで走る)などのゲームで遊んだり、遠方の人にはグリーティング・カードを贈ったり、家族や身近な人々と祝う楽しい行事もイースターの一環です。

元々贈り物としてはこちらでは定番のチョコレートも、エッグ・ハント用の小さな卵チョコの大袋から、キャラメルやマシュマロ、オマケが中に入ったもの、大人向けの洋酒入りや手作り装飾のついた高級品まで、この時期ならではのサイズやデザインの異なる特別仕様品が店頭に無数に並び、子どものみならず大人たちも目移り。季節感のあるおみやげにもおすすめ。

また、ほとんどの学校でも休暇となり、行楽に絶好の初秋の気候となることから、イースターの連休を利用して家族揃ってキャンプやピクニックに出かける家庭も多く見られ、市内近郊で日本並みの交通渋滞が発生するのもこの時期ならでは。【笑】

シドニー市内近郊でも休業となるお店も多いので、ご旅行やお仕事で訪問予定のある皆さんは念のため事前に確認をしておくと良いでしょう。

Have a Happy Easter!!

写真はパディントンの雑貨屋さんのショー・ウィンドウで見かけたガラス製の卵のモビール。

イースターのお祝い

Patrick's Friendly Tours - 火曜日, 3月 07, 2017

英語のイースター(Easter)は北方神話の春の女神エオストレ(Eostre)に由来すると言われています。もともとはキリスト教とは無縁の迎春の祭りであったものが、キリスト教徒たちによって関連性のある意義を加えて布教に利用されて普及した、との説があるようです。

聖書では、キリスト様は金曜日の日中、人々の罪の犠牲となりゴルゴダの丘の上で十字架にかけられて息を引き取られます。遺体は翌日の土曜日は活動が厳しく制限されていた安息日に当たる日であったため同日のうちに墓地に収められました。そして日曜日の朝、キリスト様は復活をとげられた。とあります。

寒く暗い冬が終わり、草木や新しい命が芽吹く春への移り変わりがキリスト様の復活と重なり、意義が統合されていったようで、
イースターはキリスト教におけるイエス・キリストの復活を記念する復活祭として祝われ、信仰国では祝日となります。宗派や家庭によっては、キリスト様が十字架にかけられたとされる金曜日(グッド・フライデー)には血を流すことを避けるという理由で肉食を避けたり、喪に服す意味でこの日に限って断食をしたり一切の娯楽を避けたりする習慣もあるようです。

聖書によると、キリスト様は40日にわたって断食をして荒野をさまよう修行をされたことに習ってイースターの前の40日間あまりを“レント(LENT/四旬節、大斎)”と言い、この期間は卵、肉、乳製品(そのほか酒類や贅沢にあたるものなどを含むこともある)などを控えて食事を節制する習慣があることが背景のようですが、この期間の前、あるいは明けるときにこれらの食品をふんだんに使った食事や菓子類などでお祝いをする習慣も見られ、国や地域、宗派、家庭によって実際に行われる習慣はさまざまのようです。

イースターの日は「春分の後の最初の満月から数えて一番初めの日曜日」とされており、月の周期によって毎年変動するものですが、3月の第三週から4月の最終週に訪れるのがほとんどです。伝統的には発祥のヨーロッパなど北半球では春の訪れを、南半球では秋の収穫を祝う時期でもあり、各地でお祭りが行われるのもこの時期です。

 

今年2017年のイースターは次の通り。

4/14(金) グッド・フライデー ← お店やビジネスによっては休業となる所も多いので事前に確認をしておいた方が無難です。
4/15(土) イースター・サタデー または ホーリー・サタデー
4/16(日) イースター・サンデー
4/17(月) イースター・マンデー 


                                                                                                                                【参考文献】ウィキペディア

シドニー・ロイヤル・イースター・ショー開催!!

Patrick's Friendly Tours - 日曜日, 3月 05, 2017

キリスト教を信仰する国々では、人々の罪を背負って犠牲となられたキリスト様の復活を祝うイースターとあわせて、北半球では春の訪れを、南半球では秋の収穫をお祝いする時期でもあります。

ここオーストラリアでもこの時期各地で収穫祭が催されますが、中でもシドニーはオリンピック・パーク内のショー・グラウンドで開催される『ロイヤル・イースター・ショー』が南半球でも最大規模といわれ有名です。

“文化祭”の表現が一番近いでしょうか。”収穫祭”と言うよりもずっと規模の大きな、巨大な“農業博覧会”の趣向で、会場内の各施設では牛や馬などの家畜の品評会やドッグ・ショー、羊の毛刈りや牧羊犬のデモンストレーション、丸太割りや子豚のレース、こどもファームなどの動物とのふれあいが楽しめるコーナー、お化けカボチャやチーズにケーキのコンクール、酪農家や農家の生産品や地方の名産ワイン、名産グルメ食品の直売、園芸植物、手芸・工芸品の材料や作品の展示販売に、果てはロデオにミニ遊園地、ビンテージ・カーのパレードやコンサート、アメリカ渡来の“激コワ”お化け屋敷など催し物も盛りだくさん!!

毎晩午後9時にはフィナーレの打ち上げ花火もあり、1日中気が抜けません!(笑) その規模の大きさはあまりに巨大で、1日では見切れないとシーズン中に何度も通う人までいるほどです。

名物のショー・バッグも忘れてはいけません! いわゆる福袋で、子ども向けの駄菓子や文房具、おもちゃを集めたものから、女性向けの化粧品や衣料品、男性向けに工具やエンジン・オイルのサンプルなどが入ったバッグまで、各社競って趣向を凝らした福袋が1ドル前後から目白押し。

1日では全部見切れないほどのお祭りで、オーストラリアの文化や伝統産業を知るにはもってこいの機会です。市内近郊、州内はもとより、国中から老若男女が押し寄せるこの一大イベント、ご旅行中に余裕があればぜひお出かけになってはいかがでしょうか。

ご縁の深い英国王室からは、2014年度にはご家族でご訪問中だったケンブリッジ公爵夫妻、ウィリアム皇太子とキャサリン皇太子妃のご来場もありました。

【開催期間】2017年4月6日(木)~4月19日(水)
【開園時間】午前9:00~午後9:30 
【会場】ホームブッシュ・ベイ オリンピック・パーク内ショー・グラウンド
【入場料】必要 (前売りや夕方からの入場には割引あり。)
【オフィシャル・ウェブサイト】www.eastershow.com.au ←日本語ページあり

とにかく大規模なエンターテイメント・イベントです。まずはウェブサイトで気になるアトラクションのスケジュールをチェックして、効率良く楽しめるよう計画を立てるのがおススメ。入場料(前売り券は早期割引つき!)や交通機関、会場内地図、イベント・スケジュールなどの情報も上記のサイトで全部揃います。

 

イースター・ショー訪問を目的としたテイラー・メード観光も弊社自慢の“わがままツアー”にお任せ! お気軽にお問い合わせください。

ツアーのお誘い~3月

Patrick's Friendly Tours - 金曜日, 3月 03, 2017

シドニーでは日に日に秋の気配が近づいています。以下のツアーでは若干のお席がございます。お誘いあわせの上奮ってご参加ください。

 

初秋の爽やかな空気とブルー・マウンテンズならではの絶景を味わいに出かけましょう!オーストラリアならではの動物たちとのご対面も楽しめるお楽しみ盛りだくさんの人気ツアーです。お誘い合わせの上どうぞ奮ってご参加下さい!

 

ブルー・マウンテンズ&野生動物園1日観光

DT1(ランチなし) または DT1-L(ランチ付) のどちらも受付

【日程】2017年3月27(月) 

 

ツアーの詳細につきましては上記のツアー・タイトル(青文字)をクリックして該当ページをご参照下さい。また、ツアー参加上のアドバイスについては弊社ホームページ内のQ&Aのページでもご案内をいたしております。 

 

ご不明点につきましては弊社まで日本語で、お気軽にお問合せくださいませ。

 

  

崖上に3姉妹がたたずむカトゥンバ渓谷の眺め。雲海の上をロープウェイが渡ります。

中国旧正月のお祝い

Patrick's Friendly Tours - 木曜日, 1月 05, 2017

明けましておめでとうございます!…と言っても今度は旧正月のお祝いですね。シドニー近郊でも中国系、韓国系など旧正月を祝う伝統を持つ居住者の多い地域では各自治体を挙げてさまざまなお祭りが行われます。

さて、移民街として最大規模を誇るのはなんと言ってもシドニー市内の中華街。南北はリバプールからヘイ・ストリートまで、東西はジョージ・ストリートからダーリング・ハーバーの辺りまでをカバーするチャイナタウンは、早くも1860年代には現在のハイドパーク付近サリーヒルズ寄りに出現します。その後1920年代には現在のキャピトル・シアターの位置に、そしてその10年後にはパディス・マーケットの卸し市場が開いたとほぼ同時に現在の唐門の建つディクソン・ストリートへと移りました。

旧正月のお祝いも中華街の歴史とともに年々華やかになり、今年も酉年の到来を祝って2週間に渡るお祭りが予定されています。

この期間中はいわずと知れた名物の爆竹の轟音とともに通りを練り歩く獅子舞やドラゴン・ボート・レース、旧正月市(この期間限定で夜間に行われる屋台市)やパレード、各地方の伝統料理はもちろん、飴細工や書道に加えてアクロバットや武道拳法のデモンストレーション、伝統美術や近代芸術の企画展、映画の上映、アジア・ポップのライブ・ショーに、忘れてはいけない麻雀大会やカラオケ・コンペまで😅、前売り制のイベントから無料のものまで、子供から大人まで楽しめる中国文化が勢揃いします。

サーキュラー・キーの湾岸にはオペラハウス前の鶏(酉)からはじまり、十二の干支の巨大なランタンが湾沿いに勢ぞろい。昼間はもちろん、夜のライトアップもきれいです。

チャイナタウン近辺の飲食店では旧正月ならではの伝統料理や特別メニューも用意され、視覚のみならず五感で楽しめるイベントが盛りだくさん!

各種イベントの詳細は下記オフィシャル・ウェブサイトで確認できます。

【期間】2017年1月27日(金)~2月12日(日)

【於】中華街、マーティン・プレイス、サーキュラー・キー、カスタムズ・ハウス、ダーリング・ハーバー、中華庭園ほか市内各所。

【オフィシャル・ウェブサイト】リンク

中国旧正月の代表イベント(2) ドラゴンボート

Patrick's Friendly Tours - 水曜日, 1月 04, 2017

2週間に渡り祝われるチャイニーズ・ニュー・イヤー(中国旧正月、春節)の各種イベントの中でも特に文化色の濃い、見逃せないいくつかを別々にご紹介。 

ドラゴン・ボート(龍船)

中国の伝統文化であるドラゴン・ボート・レースは周王朝(紀元前770~256年ごろ)にまでさかのぼる長い歴史を持ち、現在では各国で競艇競技としても確立され、日本では長崎や沖縄でも祭事として行われる。

これには同国春秋戦国時代の政治家・詩人として活躍をした屈原(くつげん)にまつわる言い伝えがあり、楚(そ)と秦(しん)の2領土間の同調に献身した屈原が、秦の張儀(ちょうぎ)の謀略を見抜いて懐王に必死に意見するものの、聞き入れられずに楚の都が秦により陥落したのち、楚の将来に絶望して旧暦5月5日に石を抱き汨羅江(べきらこう、長江の支流のひとつ) に入水自殺を図る。この時に漁民たちが入水した屈原を助けようと先を争って舟を出した、という故事に由来した祭事。

さらに、のちに屈原の鎮魂を祈るため、またその亡骸を魚に食べられることがないように、と餌として笹の葉に米飯を包んで川に投げ込むようになったのが「ちまき」の由来と言われる。

幸運とこの上ない力の象徴とされる神話獣、龍をかたどった長さ約12メートルのいかだの船首には竜頭が、船尾にはその尾が装飾として施され、それぞれに20名のこぎ手と船尾で舵をとる1名、船首で拍子をとる太鼓を叩く1名が乗る。入眼により龍の魂を得た舟たちが一斉に水しぶきを上げて海上を進む様子は、空を翔る龍のごとく勇壮でなかなかの迫力!

【日程】2017年2月11日(土) & 2月12日(日) … 企業対抗チャリティ・レース

【時間】11日 8:00-17:00 & 12日 9:00-15:00

【於】コックル・ベイ

【料金】無料

★1日目、土曜日の午前9時からは第1レースの開始に先駆けて水辺のお清めと龍の入眼式が行われます。これは各舟のへさきの竜の頭を模した装飾の眼球部分に赤い絵の具で目を描き入れることで竜の目覚め(入魂)を表現する清めの儀式。詳細は中国旧正月のオフィシャル・ウェブサイトにてご確認ください。

 

《参考文献》ウィキペディア

シドニーでバラ鑑賞

Patrick's Friendly Tours - 水曜日, 11月 30, 2016

現在シドニーの王立植物園では薔薇が見ごろです。
ミニチュア・ローズやオールド・イングリッシュ、大輪系やつるバラなど、薔薇園に揃ったありとあらゆる種類の花が咲き競い、まわり中の空気がなんとも言えない薔薇の香りに包まれています。

王立植物園では、ほかにもオーストラリアの原生植物や植民地時代の畑を再現したコーナーや、海外から収集された椰子や熱帯植物などの珍しい植物がたくさん揃っており日中は無料で自由に見学ができます。(熱帯温室のみ有料)

効率よく見学をしたい方は、地図がでている看板にアクリル箱が設置されていてこの中に配布用の地図が入っているので、これを片手にまわりましょう。あるいは電動機関車に乗って園内全体を周ってくれるシーニック・トレイン・ツアーもありますよ。(園主催。英語のみ。)

屋外で紫外線も強いので、お出かけの際は帽子、サングラス、日焼け止めクリームも忘れずに。

  

真夏のクリスマス in シドニー! 2016(2)

Patrick's Friendly Tours - 火曜日, 11月 22, 2016

オーストラリア国内でも最大規模の無料コンサートでもっとも盛大なのがキャロルズ・イン・ザ・ドメイン。災害時やホームレス、家庭内暴力や貧困家庭など、身近なレベルで親身なボランティア活動を提供する慈善団体組織サルベーション・アーミーへの寄付を募る一大チャリティ・イベントでもあります。

王立植物園の手前に位置するドメインの芝生にステージが設置され、ご当地の人気歌手やスター・タレントが勢ぞろい。芝生には日中から家族連れや友人同士のグループがピクニック持参で集いはじめ、日が暮れ始めるころにはステージの歌声にあわせてキャンドルを掲げて大合唱が続き、花火で華やかに締めくくられる楽しい夕べです。

チャンネル7ネットワークで毎年テレビ放映もされるこのコンサートですが、毎年人気タレントや大物歌手が出演することで有名。

今年はオーストラリア青少年オーケストラ、オーストラリア少女合唱団、サルベーション・アーミー(救世軍)合唱団、レオ・セイヤー、ジョン・ポール・ヤング、マーク・ヴィンセント、シャノン・ノール、ザ・マククリモンツ、若干15歳のカイ・ボールドウィン、ベテランのジョージー・パーカー、トッド・マケニー、ジェイ・ラガアイアなどの出演が決定しています。おまけにミッキー&ミニー・マウスや、もちろんサンタさんも応援に駆けつけます。

周りは小さな子どもたちを含む家族連れから、ワイン片手のご年配のグループまで色々。地元の人々に混じって芝生にピクニック・ブランケットを広げ、キャロルを歌い、クリスマスの喜びを分かち合いましょう!(結構な人気なので確実な場所取りには早めに出かけるのがおすすめ。虫除けも忘れずに!【笑】)

12月18日(日)
キャロルズ・イン・ザ・ドメイン
於:ザ・ドメイン 
余興イベントの開始は12時から。コンサートは20:30~22:30。詳細はオフィシャル・サイトをご参照ください。

注:ガラス製品やパラソル、背の高いキャンピング・チェアの持込やピクニック・シートの材質など、公衆道徳と環境保持のための規定がいくつかあります。お出かけの場合はオフィシャル・サイトの「To Bring」と「Not to Bring」のページを事前に確認されることをおすすめいたします。

~12月中のそのほかのクリスマスのイベントについては過去ログをご参照下さい。画面右のタグ(Tags)欄の「クリスマス」をクリックすると一括検索が可能です。~

真夏のクリスマス in シドニー!2016年

Patrick's Friendly Tours - 月曜日, 11月 21, 2016

シドニー市内でのクリスマスはもう始まっている?! 
デパートやショッピング・センターではすでにクリスマスの飾り付けが見受けられ、街角のあちこちにツアーが立ちはじめ、テレビからもクリスマス・ソングが・・・。

ちょっと早い気もしないでもないですが、あっという間に気がつけばクリスマスまで後1ヶ月あまり。運良くこの時期にご来訪になるのなら、せっかくですから南半球の真夏のクリスマス・ムードをご滞在中に充分お楽しみ下さい。

シドニーの街中では各所に巨大なクリスマス・ツリーが登場!中には児童合唱団によるクリスマス・キャロルやコンサート、打ち上げ花火にサンタの来訪まで予定がされており、一足早くクリスマス気分が味わえます。

11月14日(月)~12月25日(日)  

キャロルズ・バイ・ザ・ツリー

於:ダーリング・ハーバー コンベンション・センター前広場(屋外クリスマス・ツリー付近)/19:00~21:00(花火は毎週土曜日の21:00~)/無料

期間中の毎週木・金・土・日曜日の開催。吹奏楽団やアカペラ・グループなど複数のアーティストたちが入れ替わりでクリスマス・キャロルを歌います。12月中の毎週土曜日は毎回午後9時からの打ち上げ花火が華を添えます。

11月26日(土)
マーティン・プレイス チルドレンズ・クリスマス・コンサート
於:マーティン・プレイス/18:00~20:30/無料 … ツリーの点灯をサンタと一緒に花火で祝い、華やかなクリスマスコンサートを予定。今年もタッチ・パッドで変色コントロールをしたり、携帯からメッセージを送ってツリーの枝に表示することのできるインタラクティブ・ツリーがお目見えです!(展示は12/25まで)

コンサート出演:ミーガン・ワシントン、テイラー・ヘンダーソン、ムーランビラ・ヴォイセズ、ケイシー・ドノヴァン、ジャスティン・クラーク、バナナズ・イン・パジャマズほか

クリスマス・オン・ザ・グリーン
於:ハイド・パーク北側/18:00~20:30/無料 … マーティン・プレイスのツリー点灯の模様がスクリーン上で同時中継されるほか、ジャスティン・クラーク、オーストラリア少女合唱団、スプラッシュ・ダンス、ベン&ホリーのリトル・キングダム、そしてもちろんサンタの登場もあり。芝生の上でのんびりクリスマス・キャロル、なんてなかなかない体験。ピクニックの準備をして出かけましょう!

当日は会場にて、ニューサウス・ウェールズ州/オーストラリア首都特別地域盲導犬協会によるサンタ・ストッキング(福袋、$5)の販売もあり、すべての収益は盲導犬の育成活動と推進のために同協会に寄付されます。

11月14日(月)~12月25日(日)  

キャロルズ・バイ・ザ・ツリー

於:ダーリング・ハーバー コンベンション・センター前広場(屋外クリスマス・ツリー付近)/19:00~21:00(花火は毎週土曜日の21:00~)/無料

期間中の毎週木・金・土・日曜日の開催。吹奏楽団やアカペラ・グループなど複数のアーティストたちが入れ替わりでクリスマス・キャロルを歌います。12月中の毎週土曜日は毎回午後9時からの打ち上げ花火が華を添えます。

12月4日(日)  

サンタ・ファン・ラン

ダーリング・ハーバーのサンタ・フェストの一部として始まり、シドニーでは今年で6年目を迎え、現在では全国各地での開催となりすっかり恒例となったオーストラリア児童基金のチャリティ・マラソン。なんと出場者はサンタ・スーツを着ていることが条件!(犬も飼主さんとの併走で出場可。)何百人ものサンタさんがレース前の柔軟体操を揃ってする姿は圧巻です(笑)。

ちょっと早起きをして善意のために走るサンタさんたちを応援しましょう♪(於:ダーリング・ハーバー~ピアモント・ポイント・パーク手前) 詳細はこちら

12月12日(月)~24日(土)

デイヴィッド・ジョーンズ社員合唱団 クリスマス賛美歌斉唱

於:エリザベス・ストリート店 7階
時:日曜日を除く毎日9:00~9:30 (12/24のみ8:00~)

オーストラリアの老舗百貨店デイヴィッド・ジョーンズの社員合唱団がクリスマスの名曲を歌い上げます。お買い物の合間にちょっと一息和んでください。


Recent Posts


Tags


Archive